姿勢矯正

姿勢が悪いのは体に大きなデメリット!1日10分で姿勢を良くするストレッチ4選!

「姿勢が悪いな・・・最近肩こりがひどいし、痩せにくくなってきたような気がする、どうしよう?」

そんなお悩みをお持ちではありませんか?

悪い姿勢を続けていると、体の不調から思わぬ疾患や病気へと繋がる可能性があり、甘く見るのは危険です。

この記事では、姿勢改善のための簡単ストレッチをご紹介します。

姿勢を直して、軽やかな毎日を過ごしていきましょう。

姿勢が悪いと起きる体のトラブルとは?

まず、姿勢が悪い状態が続くことによって、起きる可能性のある体のトラブルには、どのようなものがあるのでしょうか。

代表的な症状として、次の2つが挙げられます。

  • 内蔵の調子が悪くなる
  • 肩こりや腰痛の症状が出る

内臓の調子が悪くなる

姿勢が悪い状態が続き、変な姿勢が癖になると、その影響は背骨に及びます。

背骨が歪むことによって、その近くを走る自律神経系などの神経が圧迫され、結果として内臓の調子が悪くなってしまうのです。

自律神経は疲労回復やストレス対処などを自動的に行っていて、寝ている間でも体のコンディションを整えるよう働いています。

しかし、猫背などの姿勢の悪さから自律神経が圧迫されると、神経自体の機能が低下し、内蔵などの臓器の調子も悪くなってしまうのです。

そして、そのまま放置していると、結果として疾患や病気へと繋がる可能性もあります。

肩甲骨の間の部分には、胃をはじめとする内蔵を司る神経が通っています。

もしも背中の上のあたり、ちょうど肺の裏側に違和感や痛みを感じる、という場合には、内蔵への影響にも注意が必要です。

肩こりや腰痛の症状が出る

姿勢の悪さは、筋肉や関節にも影響を及ぼすため、肩こりや腰痛といった症状にも繋がります。

姿勢が悪い状態によって、不自然に筋肉に力を入れ続けなければなりません。

この偏りによって、腰や肩、首に負担といった体の一部分にだけ負担がかかり、痛みが発生するのです。

また、姿勢が悪いと全身の血流が悪くなるため、老廃物が溜まりやすく、結果肩こりや腰痛の要因にもなります。

その他にも、姿勢が悪いと起こりうるトラブルには、

  • 基礎代謝が下がり、太りやすくなる
  • 疲労回復が遅れる
  • 老けて見えやすくなる

といったものが挙げられます。

姿勢が悪くなる原因とは?

Copy space on light blue background. Isolated.

姿勢が悪いことで、意外な体調疾患のリスクがあることがわかりました。

そもそも、どういった原因から姿勢が悪くなるのでしょうか。

現代人に多い主な原因は次の2点です。

  • 長時間のデスクワーク
  • 立ち方のくせ

長時間のデスクワーク

Worried and sad student female searching information in a laptop on line in a desk at home room

長時間のデスクワークは、猫背や悪い姿勢を癖付ける原因のひとつです。

1日中デスクに座ったまま、パソコンで作業をする、という人は多いのではないでしょうか。

ノートパソコンの場合は特に、画面が小さいため自然と頭が前に出やすく、結果自然と猫背になってしまいます。

つまり、背中や肩、腰に大きな負担をかけることになり、この状態が続くことで肩こりや腰痛、背中の痛みに繋がります。

立ち方のくせ

Female fashion. Closeup of silver high heels spiked fashionable shoes on sexy legs on blue. Studio shot.

普段の立ち方のくせによっても、姿勢が悪くなります。

  • 片側の足だけに重心を預けて立つくせがある
  • かばんや買い物袋を決まった方の肩、手で持つ
  • 傘をさす手が決まっている

といった人は、体の左右のバランスが崩れやすい状態です。

そのため、背骨が歪んだ状態でくせがついてしまうので、姿勢も悪化します。

姿勢を直したい人向け!1日10分の簡単ストレッチ4選

簡単にできるストレッチ

それでは、もうすでに姿勢が悪いと、感じている人へ改善方法のひとつとして、簡単ストレッチをご紹介します。

どのストレッチもすぐに自宅で実践できるものですので、隙間時間などにぜひ取り組んでみましょう。

肩甲骨のストレッチ

肩甲骨のストレッチ方法(00:46〜)

肩甲骨をぐっと寄せるようにストレッチする方法で、キャットストレッチとも呼ばれています。

やり方は次のとおりです。

  • STEP1
    手を後ろで組む。
  • STEP2
    その手をぐっと後ろにできる範囲で引く。
  • STEP3
    肩甲骨を寄せるようにして、肩を後ろに引く。
  • STEP4
    状態をキープしながら、頭を後ろに倒して天井を見る。
  • STEP5
    深呼吸を3回行う。

この流れを1セットとし、1日20セットを目安に行いましょう。

腰のストレッチ

腰のストレッチ(4:33〜)

デスクワークなど長時間座っている人にも多いのが腰痛です。腰のストレッチによって、腰痛改善にも役立ちます。

次のステップで行いましょう。

  • STEP1
    椅子やベンチなどの端に腰掛ける。
  • STEP2
    片方の足を、もう片方の膝の上に乗せる。
  • STEP3
    上半身を伸ばした状態で、乗せた足を少し立たせる。
  • STEP4
    立たせた足の膝を両手で抱えて、ゆっくり上半身を前に倒していく。
  • STEP5
    太ももからお尻の後ろ側が伸びているのを感じられる位置で、深呼吸を30秒(約5回)。
  • STEP6
    反対の足も同じように行う。

お腹のストレッチ

お腹のストレッチ

気づかないうちに凝り固まっているのが、お腹です。お腹をストレッチすることで、姿勢の悪い癖を直しやすくなります。

やり方は次のとおりです。

  • STEP1
    マットやタオルを敷いた上で、膝立ちになり手を仙骨あたりに当てる。
  • STEP2
    手でおへそを前に押し出していく。
  • STEP3
    苦しくない範囲で止まり、ゆっくり5呼吸行う。

ここで腰を剃りすぎてしまうと、逆効果です。腰を反らせるよりも、手でおへそを押すという意識を持って行うようにしましょう。

全身のストレッチ

全身のストレッチ(2:53〜)

動画では合計10種類のストレッチが紹介されていますが、全身のストレッチをピックアップしてご紹介します。

  • STEP1
    広めに開脚してお尻を下げる。
  • STEP2
    ひじを太ももに乗せ、太ももの内側が伸びるのを感じながら5〜10秒ほどキープ。
  • STEP3
    両手を膝に置き、上半身をひねる。
  • STEP4
    左右同様に行う。

以上のようなストレッチは、怪我や痛みがある場合などは、決して無理はしないようにしましょう。

あくまでもできる範囲で、ストレッチするようにしてください。

おすすめの姿勢矯正グッズ

正しい姿勢を自分で意識し続けるのが難しい人は、姿勢矯正グッズを利用するといいでしょう。

おすすめのグッズを2点、紹介します。

クリスチャンココ

楽天ランキングで3部門1位獲得のクリスチャンココは、ただ押さえつけるのではなく、最適な加圧で骨盤をケアしてくれます。骨盤から全身のバランスを整え理想のスタイルへとあなたを導きます。本気で骨盤ケアをしたい方に最もおすすめのグッズです。

グラマラスパッツ

グラマラスパッツはお腹から下半身全体をサポートする加圧レギンスで、骨盤矯正をフルサポートしてくれる、頼れるインナーです。日々の生活でいつでも骨盤ケアをしたい方におすすめできます。

姿勢が悪いデメリットばかり!改善方法のまとめ

悪い姿勢を改善して、毎日を気持ちよく!

姿勢が悪い状態が続くと、突然思わぬトラブルに繋がります。

すでに何かしらの体調不良を感じているのにもかかわらず、原因がわからない、という場合、もしかすると姿勢の悪さが原因という可能性もあります。

日常生活に支障が出るようなトラブルが起きる前に、今一度ご自身の姿勢を確認しましょう。

姿勢が悪いな、と気づいたら、今回紹介したストレッチなどを実践し、姿勢の改善を図ってみてください。