肩の矯正

肩こりはこの方法で解消!原因と最適な解消法、予防方法、オススメアイテムなど全て教えます!

「しつこい肩こりの解消法を取り入れて、楽になりたいなぁ・・・」

そんなお悩みを持つ肩は少なくないのでは?

現代病のひとつとも言われる肩こりは、放って置くとひどくなる一方なので、早めの対処が必要です。

今回は、ひどい肩こりの解消法や原因、おすすめアイテムをご紹介します。

肩こりから開放されて、軽やかな毎日を送りましょう。

あなたの肩こりの本当の原因は?

毎日つらい肩こりを抱えているあなた。

その原因を把握していますか?

肩こりは姿勢など体に関係する原因の他にも、幅広い要因が考えられます。

ぜひ、あなたの肩こりの原因を見つけてみてください。

長時間同じ姿勢でのデスクワーク

デスクワークなどでは、長時間座ったまま、同じ姿勢を続けることになります。

姿勢を変えずに長い時間、指先だけを動かす作業は、肩のまわりの筋肉の緊張を引き起こし、全身を巡る血液の循環が悪化します。

血流が悪くなると、血管内に老廃物が溜まりはじめ、酸素が十分に行き渡りにくくなることで、疲労回復が遅れていきます。

そして、筋肉は緊張状態をキープしなければならず、こりが進んでいくのです。

眼精疲労

現代社会において、テレビやパソコン、スマホといったデジタル画面を見つめる時間は長くなっています。

そのため、目を酷使することになり、疲れから眼精疲労を引き起こしてしまうのです。

眼精疲労とは、目の疲れからドライアイやかすみ目、視力の悪化などを伴う症状のこと。

首や肩の筋肉のこりは、眼精疲労とセットで悪化していきます。

普段からデジタル画面を見る時間が長い人は、眼精疲労が深刻化する前に、目を休める時間を十分に取ってください。

姿勢が悪い

パソコンを使う仕事や、長時間のスマホの使用などによって、姿勢が悪くなると肩こりもひどくなります。

猫背などの悪い姿勢は、本来の脊椎のきれいなカーブラインに負担をかけ、頭や首が不自然に前に出た状態が多いです。

これでは肩まわりの筋肉への負荷が大きくなり、肩こりが悪化していきます。

1時間に1回は姿勢を変えるなど、意識的に休憩を取るようにしましょう。

運動不足

運動不足も肩こりの大きな原因のひとつです。

体を動かすことで肩や周辺の筋肉を使って血流が良くなり、肩こりになりにくい体づくりに繋がります。

ストレス

意外と忘れられがちな肩こりの原因として、ストレスが挙げられます。

肉体的なストレスはもちろん、精神的なストレスは実際に肩こりなどの体調不良に大きく影響しています。

メンタルにおいてストレスを感じると、体の自律神経系やホルモンの働きにより、自然と力が入って血流が悪化します。

そして、緊張状態から肩こりを進行させてしまうのです。

高血圧や低血圧

高血圧、低血圧といった血圧異常も肩こりと関係しています。

適度な血圧は筋肉の緊張、疲労の回復をサポートしてくれるでしょう。

しかし、低血圧だと血の巡りが遅くなりますし、高血圧だと内蔵へも負担がかかるため、スムーズに血液は流れにくくなってしまいます。

肩こりがひどいと感じている場合は、血圧の状態も併せてチェックしてみましょう。

肩こりの最適な解消法を紹介!

肩こりの原因を知ったところで、実際に取り組むべき解消法についてご紹介していきます。

日常生活における意識がポイントとなってくるので、できることから取り入れていきましょう。

作業中にこまめに休憩する

仕事や学業などで長時間同じ姿勢を続ける場合は、こまめに休憩を入れるようにしましょう。

最低でも1時間に1度、5分でも良いので、立ち上がり姿勢を変えてみてください。

外に出てのびや深呼吸をする、軽く屈伸をするだけでも、全身の血流を促進できるので、肩こりの軽減に繋がります。

特に、デスクワークなどでパソコンを長時間使う場合、座って何時間も作業をする場合には、意識的に取り入れてみてください。

姿勢を矯正する

肩こりを改善させるために、悪い姿勢を矯正することも大いに役立ちます。

猫背やスマホを見ているかがんだ姿勢は、頭が前に出ているので、肩への負担が大きくなります。

座っている間は背筋を伸ばし、自然な背骨のカーブをキープするよう意識してみてください。

また、歩くときには背中を丸めず、普段よりも少し先の地面を見るくらいがちょうど良いでしょう。

猫背対策になるストレッチなどもインターネット上で多数公開されています。

また、後ほど紹介する姿勢矯正グッズも効果的です。

適度に運動をする

肩まわり、そして全身の血流を良くするために、適度に体を動かしましょう。

激しいものでなくても、ウォーキングや踏み台運動、階段の上り下りといった、簡単なものでも効果があります。

この機会に気になるスポーツを始めるのも、肩こりの軽減と趣味の楽しみになり、一石二鳥です。

仕事や学業で忙しく、運動する時間が取れない、という人はスキマ時間などを利用して、体を動かす機会を設けるだけでも違ってきます。

生活を見直す

普段の姿勢や運動などの習慣を含め、日常生活自体を見直してみましょう。

血液の流れを良くする、疲労回復をサポートするためには、栄養も大切になってきます。

ジャンクフードや外食ばかりの偏って食生活では、適度な運動の効果も半減してしまいます。

夜更かしをやめて早めに布団に入る、スマホやテレビから離れる時間を取る、などの対策も有効です。

ライフスタイルをトータルで見て、できることから実践していきましょう。

肩こりを解消するオススメアイテム3選

肩こり解消のために、自分ですべて行うのは難しいかもしれません。

便利なアイテムを取り入れれば、より効率よく肩こりを改善することができます。

おすすめのアイテムをピックアップしました。

MTG Style Athlete

MTG Style Athleteは正しい座り方をサポートしてくれる座椅子タイプの姿勢矯正グッズです。

カイロプラクティックの要素を取り入れており、っている間に姿勢を安定させて肩への負担を減らすよう働きかけます。

椅子に取り付けるだけで使えてお手軽なので、オフィスや作業机などにもぴったりです。

腹筋を鍛えるSIXPADという人気のマシンを販売する会社が手がけています。

MTG Style BX

MTG Style Athleteと同じ会社が作った、肩にかけるバンドタイプのアイテムです。

たすきのように肩に取り付けて、日常生活での姿勢を矯正しつつ、体幹の筋力アップにもつながります。

締め付けも適度で、洋服の下に着ても違和感のない薄さなのも魅力的。

猫背や巻き肩などの改善にも役立つでしょう。

パナソニック コリコラン

パナソニックのコリコランは、肩こりの解消のために作られた家庭用医療機器です。

肩につけると高周波が深く浸透し、血管を拡張させ血流を促進、疲労回復やこりの軽減をサポートしてくれます。

刺激や臭いはまったくないので、仕事やプライベートなどどんなシーンでも装着できるでしょう。

肌なじみの良いブロンズカラーもおしゃれで、毎日使うのが楽しくなりそうです。

肩こりの解消法まとめ

つらい肩こりの解消法、原因、そしておすすめグッズまでをまとめてきました。

肩こり解消法をおさらいしましょう。

  • 作業中にこまめに休憩する
  • 姿勢を矯正する
  • 適度に運動をする
  • 生活を見直す

できることから始めるとともに、生活全般をいま一度見直してみましょう。

肩こりだけでなく、健康度がぐっと高まり、軽やかな体で気持ちよく過ごせるようになるはずです。