首の矯正

寝違えの原因とは?寝違えの原因と正しい対処法を分かりやすく紹介!

朝、目が覚めたら首や肩が痛い!」それは寝違えです。いきなり首が動かせなくなって驚きますよね。

これまで、何回も経験したことがある人も多いのではないでしょうか?

この寝違え、対処法を間違えると悪化させてしまうかもしれないので注意が必要です

この記事では寝違えが起こる原因と正しい対処法について詳しく紹介します。これを知っておけば、いきなり寝違えてしまったときも慌てずに済むでしょう。

寝違えの原因とは

寝違えは、首や肩に長時間圧迫が加わることで筋肉や靭帯、腱などに損傷が起こることです。

医学的な名称ではなく、寝ているときに起こる症状の一般的な呼び方です。朝起きたときに「急に首が痛くて動かせない」「背中まで痛みが走る」など、症状は圧迫の度合いによってさまざまです。

寝違えが起こる原因は、寝ているときの姿勢によります。寝ているときの姿勢が苦しいときは、寝返りを打って楽な姿勢になるのが通常です。

しかしうまく体が動かせないと、長時間首や肩に負担がかかって筋肉や靭帯を傷めてしまうのです。

寝返りが打てないのには、次のような原因が考えられます。

  • 疲れて体が動かせない
  • 寝ている場所が狭い
  • マットレスが柔らかくて体が沈む
  • 慣れない寝具で寝ている

また、もともと筋肉が緊張している状態で寝ている場合も寝違えを起こしやすくなります。よく寝違える人は、次のようなことに心当たりがないか、チェックしてみましょう。

  • 枕が高すぎて首の筋肉が緊張している
  • お酒に酔ってソファーで寝るなど、首に負担をかけるような姿勢で寝ている
  • デスクワークなどで常に首や肩の筋肉が緊張している
  • パソコンやスマホの利用でいつも下向きの姿勢をしている

寝違えたらやるべきこと・NGな対処法

寝違えたときは、基本的に楽な姿勢を維持して安静にすることが必要です。そのほかにやるべきこと、あるいはNGな方法があるので見ていきましょう。

ストレッチ

肩こりなどと同じに考えて、むやみに動かしたりストレッチしたりするのはやめましょう。寝違えは単なるコリではなく、筋肉の損傷です。

怪我をしたときに患部を無理に動かしたら、痛みがひどくなって悪化させてしまいますね。それと同じことです。

手で揉むなどマッサージもNGです。寝違えた部分は「動かさない」「触らない」ということを覚えておきましょう。

湿布

amazon

痛みが強い場合、腫れがある場合は、湿布で冷やすことで和らげることができます消炎鎮痛成分が入っている冷湿布を1時間ほど貼りましょう。

応急措置なので、長時間貼るのは避けてください。治療の基本は、あくまで安静にすることです。

温かいシップは避けましょう。寝違えは筋肉の炎症なので、温めると血行が良くなって炎症を悪化させてしまいます。

冷やす

氷水を入れたビニールや保冷剤をタオルで巻いて貼るのもおすすめです。特に患部の熱感が強い場合は、炎症を和らげるのに効果的です。

ただし、長時間冷やすのはやめましょう。冷やすのは15分程度で、痛みが治まらない場合は1時間後に15分行います。それ以上は行わないようにしてください。

冷やすのは痛みや腫れを緩和させるものです。冷やしすぎると筋肉の血流が悪くなり、回復が遅くなる可能性があるので注意しましょう。

寝違えを早く治すには

寝違えた場合の最良の治療法は「安静にすること」です。首が一番楽に感じる状態に保ちましょう。損傷した組織を元に戻すには、安静にして自然治癒を待つことが最も早い方法です。

ほとんどの寝違えは自然に治癒しますが、痛みがひどい場合は他の病気の可能性もあるので整形外科を受診するようにしてください。

平均的な治癒までの日数

寝ているときの体勢によって、寝違えで起こる症状はさまざまです。長時間動かない姿勢で筋肉が固まり、起きるときに急に動かすことで軽い肉離れを起こしてしまう場合もあります。

筋肉の表面を覆う筋膜が傷ついている場合は痛みが強く、治癒までに1週間程度かかる可能性があります。

筋肉の中心が損傷している場合は痛みがそれほどでもなく、3日~5日程度で自然治癒するでしょう

寝違えのほとんどは筋肉の損傷ですが、頚椎に神経痛や捻挫を起こしている場合もあります。

首や肩の痛みだけでなく、腕や手の先まで痛みや痺れを感じる場合は神経痛かもしれません。治癒するまでの期間は比較的短く、3日程度で回復するでしょう。

頚椎の靭帯や腱が損傷している捻挫の場合は治癒までには時間がかかり、長くて2週間を要する場合があります。

早く治すためのポイントは?

寝違えたばかりのときは、とにかく安静にするのが一番です。少しでも痛みを感じない姿勢を保ってください。

首にタオルやマフラーを巻いて首を固定させれば、安定するので痛みを抑えることができるでしょう。

炎症が引いて痛みが和らいできたら、血流を改善して自然治癒を促していきます。患部を温める、マッサージするなどの方法があります。

症状により適した方法は違ってくるので、接骨院に行くなど専門家の指示を仰ぐようにしてください。

病院は行くべき?

寝違えのほとんどは自然治癒しますが、「痛みが強い」「仕事に差し支えるので早く治したい」という人は、整形外科を受診することをおすすめします

また、頻繁に寝違えるという人も一度病院で診てもらい、原因を明らかにした方がいいでしょう。

寝違えの予防法4選!

よく寝違えてそのたびに痛い思いをする人は、寝具が合わなかったり、寝違えを起こしやすい生活習慣があったりするのかもしれません。寝違えを予防する方法を試してみましょう。

適度に寝返りが打てるマットレスを選ぼう

寝違えが起こるのは、合わない寝具を使っていることも原因のひとつになります。適度に寝返りが打てるマットレスを選びましょう。

低反発など柔らかいマットレスは体が沈み、よく寝返りを打てません

今使っているマットレスが柔らかくて寝違えを起こしやすいという人は、硬めのマットレスや布団に変えてみましょう。

自分に合った枕を選ぼう

枕の高さが合わないと首や肩に負担がかかり、寝違えを起こしやすくなります。

自分にあった枕を選びましょう。枕の位置を正しくするだけで、寝違える危険はだいぶ少なくなります。合わない枕を使っていると日頃の疲れも取れず、健康に良くありません。

体はしっかり温めよう

体が冷えていると、血流が悪くなり筋肉が硬くなります。寝違いが起こりやすくなるので、寝ているときは体をしっかり温めるようにしましょう

冬の寒い時期に温かくするのはもちろんですが、夏の冷房で冷やし過ぎるのにも注意が必要です

冷え性の人はお風呂にゆっくり入る、寝る前に温かい飲み物を飲むなど体を温める工夫をしてみてください。

お酒の飲み過ぎに注意しよう

お酒に酔って寝ると、寝違えが起こりやすくなります。お酒を飲むと筋肉の血流が低下して、筋肉が硬直しやすくなるからです

また、感覚が鈍くなって、寝返りの回数も減ってしまいます。

酔ってそのままソファで寝るなど、体勢の悪い状態で寝込んでしまうこともあるでしょう。そんなときに寝違えを起こしやすくなるのです。

飲み過ぎには十分注意してください。

まとめ

寝違えの原因は、寝ているときの不自然な体勢による筋肉の損傷です。

不自然な体勢になってしまうのは、疲れや合わない寝具を使っているなどいろいろな要因があります。

寝違えを起こしやすい人はそれを改善する必要があるでしょう

寝違えてしまった場合の対処法も、間違えないことが大切です。痛みがあるときは安静にすることを忘れないようにしてください。