姿勢矯正

女性のくびれは男性も惹かれる!美しいくびれを作るトレーニング5選

「引き締まったウエストになれば、スタイルも良く見えて水着も自信を持って着られるのになぁ…」

そんな思いを抱える女性は多いものです。

ウエストのくびれは自分で作ることが可能なもの。今回は、くびれ作りのための簡単トレーニングを厳選してご紹介します。

バストとヒップとのバランスも取れたくびれを手に入れて、ファッションを楽しみましょう!

くびれとは

Young woman standing with tape measure in front of mirror

「くびれ」とは、ウエストがヒップ、バストよりも細いスタイルのことで、理想的なサイズは次の計算式で算出できます。

ヒップまわり(cm)×0.7=理想のウエストサイズ(cm)

スタイルが良い女性の代表であるモデルやグラビアアイドルも、この式に当てはまる人が多いようです。

あなたはどうですか?

男性が女性のくびれに魅力を感じる理由

Photo of beautiful woman very excited by man’s touch

男性は、女性のくびれに魅力を感じています。

もちろん少し脂肪がついていて、ぽっちゃりと感じられる方が女性らしくて良いと思われるかもしれません。

しかし、ウエストのくびれを気にしている男性は意外と多く、ウエストがきゅっとくびれているメリハリのある体つきを理想とする男性が多いのです。

シンプルな腹筋だけではウエストはくびれない

しかし、ウエストのくびれは単に腹筋を鍛えればできる訳ではありません。

腹筋と一言で言っても、実際には種類があり、通常の腹筋運動で鍛えているのは正面に位置する腹直筋です。

肋骨から骨盤にかけて繋がる外腹斜筋は、内臓を支える役割もあるのでコルセットのようにお腹を取り巻いており、この筋肉もくびれに重要なポイントとなります。

また、外腹斜筋の一層下にある内腹斜筋は、ひねるときに使われる筋肉で、体幹と深く関わっています。

さらに、その奥にある腹横筋は、横に走っている筋肉で、こちらもコルセット的役割を果たしています。

こうした筋肉をトータルで鍛えることにより、きれいなくびれのラインが実現するのです。

ウエストがくびれるメリット

Full body shot of young beautiful woman in evening dressFull body shot of young beautiful woman in evening dress

ウエストがくびれることによって得られるメリットについてまとめます。

好きな洋服を着られるようになる

ウエストのくびれがない、むしろお腹がぽっこりと出ている上体では、おしゃれな洋服もかっこよく着こなすのは難しいでしょう。

しかし、しっかりとくびれが出てくると、ウエストラインを気にすることなく好きな洋服を楽しめるようになります。

夏のビキニも怖くありません。

姿勢が良くなる

ウエストのくびれを失ってしまう原因のひとつとして、猫背があります。

しかし、くびれを作る過程において腹筋を鍛えられるので体幹の筋力がアップし、姿勢まで改善させていくのです。

くびれ作りのためにトレーニングをしていると姿勢も良くなる、とは一石二鳥でしょう。

バストアップしたように見える

くびれがあるだけで、バストとヒップのめりはりが強調されるので、見た目におけるバストアップ効果も期待できます。

たとえバストのサイズが同じでも、ウエストがくびれているだけで見た目の影響が大きくなります。

くびれをつくるトレーニング方法

それではここからは、実際にくびれを作るトレーニングのご紹介になります。

どれも自宅でできる時短トレーニングなので、ぜひチャレンジしてみてください。

ドローイン

呼吸法のひとつでもあるドローインは、トレーニングの基本です。

しっかりとお腹を意識しながら行ってください。

  • STEP1
    マットなどの上に仰向けになる
  • STEP2
    大きく息を吸ってお腹を膨らませる
  • STEP3
    息を吐きながら、お腹の中の空気をすべて出し切る
  • STEP4
    腹筋が使えているかをチェックする

他のトレーニングを行っている間も、このドローインの姿勢を意識するとより効果的でしょう。

逆タッチ運動

腹筋だけでなく、体幹にも効くトレーニングです。

ドローインをしながら行うと、しっかりとくびれに必要な筋肉を使うことができます。

  • STEP1
    四つん這いの姿勢を取り、肩の下に手を置く
  • STEP2
    右手と左足を上げ、3秒間バランスを取る
  • STEP3
    右肘と左ひざをお腹の前でくっつけるように持ってくる
  • STEP4
    ゆっくり元に戻し、3秒キープして繰り返す

左右15回を1セットとし、3セットが目安ですが、バランスを取るのが難しい場合はできる回数から初めましょう。

8の字ストレッチ

「ながらトレーニング」にぴったりな種目です。

簡単ですが、しっかりとお腹が使われていることを意識しましょう。

  • STEP1
    椅子などに座り、手を前に伸ばして指を組む
  • STEP2
    リズムよく8の字を書くように手を動かす
  • STEP3
    手の動きに併せて呼吸をリズミカルに繰り返す

行っている間は、ひじを曲げずに伸ばすことがポイントです。

フラフープ

一見簡単そうに見えるフラフープも、実はウエストにかなり効果的です。

うまく回せない、という方はぜひ動画をチェックしてトライしてみてください。

  • STEP1
    足を肩幅に開き、回したい方向の足を一歩前に出す
  • STEP2
    姿勢をただし、軽くひざを曲げて体をリラックスする
  • STEP3
    フープが上下しないように水平にまわす
  • STEP4
    前後にウエストを動かしてフープを回し続ける

長く続けられるほど有酸素運動となるので、脂肪燃焼に有効でしょう。

くびれをつくるエクササイズ

お腹のダイエットにも劇的な効果をもたらす、ひねりタイプのトレーニングです。

ここでも呼吸を忘れずに、ゆっくりと繰り返しましょう。

  • STEP1
    マットの上に仰向けになり、足を揃えてひざを伸ばす
  • STEP2
    足を天井に上げ、右にゆっくり倒していく
  • STEP3
    床にギリギリつかないところまで倒し、元に戻していく
  • STEP4
    左側も同様に行い、これを繰り返す

1セット左右合計10回が目安です。

腰などに怪我や痛みがある場合は、無理しない範囲で行ってください。

おすすめのくびれグッズ

エクササイズの効果を高めてくれるおすすめのくびれグッズをまとめました。

グラマラスパッツ

グラマラスパッツは「脚」と「くびれ」をダブルケアできると話題の最新インナーとしてモデル・芸能人の間で話題になっています。24時間、どこでも加圧出来て下半身全体のケアをサポートします。

スラライン

スララインは楽天ランキングで第1位を獲得した着圧レギンスです。履くだけでお腹周りから下半身をギュッと加圧して、たるみがちな下半身を引き締めてくれます。理想のくびれと美脚を手に入れたい方には一押しの着圧レギンスです。

まとめ

Beautiful slender blonde on sea. Summer travel photos

女性のくびれは、男性も惹かれる魅力ポイントです。

くびれができるだけで、男性からの見られ方も違ってくるでしょう。

また、幅広い洋服をかっこよく着こなせるようになるのはもちろん、姿勢の改善などのメリットもあります。

紹介したトレーニングを取り入れて、メリハリボディを実現してください!