姿勢矯正

背骨の歪みを治す方法3選!背骨の歪みを改善して健康的な体を目指そう!

最近、背骨の歪みが気になる」「肩こりや頭痛がなかなか治らないけど、背骨の歪みが原因かもしれない」と悩んでいませんか?

背骨は体を支えるために重要な役割を果たしている部分です。背骨が歪むことで、体にさまざまな不調が起こることになります

肩こりや神経痛、頭痛など、多くの人が感じている体の不調は、背骨の歪みが関係しています。

背骨の歪みを治すことで、治りづらかった体の悩みが解消できるかもしれません。

この記事では背骨が歪む原因や、歪むことで生じるデメリットについて紹介し、歪みを治す方法について詳しく説明します!

そもそも背骨が歪んでしまっている状態とは?

背骨は骨盤を土台として、たくさんの骨が積み木のように重なり合ってできています。その構成は首の骨である頸椎が7個、その下に12個の胸椎と5個の腰椎、そして仙骨、尾骨と繋がっています。

これらの背骨は椎間板というクッションの役割を持つ組織でつながれ、緩やかなS字状のカーブを描いて上半身の重みを支えています。

背骨が正常に整っていることで、自由に歩いたりスムーズに体を動かしたりできるのです

この背骨の中心には、脊髄神経が通っています。刺激を脳に伝える知覚神経や脳からの司令を筋肉に伝える運動神経などで、これにより「熱い」「冷たい」などいろいろな感覚を感じたり、体を動かしたりすることができます。

さらに脊髄神経は、内臓を正常に働かせるなどの重要な役割を果たしています。

この背骨は、日常生活の動作や仕事中の姿勢によってねじたりずれたりすることがあります。それが背骨の歪みです。歪みが生じると背骨を支えている筋肉に負担がかかり、血液の循環が悪くなってコリなどの体の不調が現れてしまいます。

また、背骨が歪むことで神経にも影響を与えます。知覚神経や運動神経が圧迫されて痛みや運動機能の障害が出てきたり、自律神経のバランスが崩れることで不眠やめまい、体のだるさを覚えたりします。

さらに、目の調整機能が衰えて、目の疲れやドライアイなども起こりやすくなります。

背骨が歪む原因

背骨が歪むのは、日常生活や仕事で悪い姿勢を取っていることが大きな原因になります。

次のようなことで、心当たりはないでしょうか?どれかひとつでも当てはまるものがあったら、背骨の歪みがあると考えた方がいいかもしれません。

ほお杖をつく

ほお杖をつく癖がある人は、背骨が歪みやすくなります。

片方の肘をテーブルやデスクについて顎を支えていると、片側のお尻に重心がかかって骨盤が歪みます。そのため、その上にある背骨も歪むことになります

足を組む

足を組むことは背骨を歪める原因になります。左右どちらかに重心が寄り、骨盤や背骨が傾いて歪んでしまいます

足を組むと安定するようにも感じますが、それは骨盤や背骨が歪んでいるからです。右の足のどちらを上にしても、足を組み替えても歪むことに変わりはありません。

前かがみの姿勢で作業をしている

デスクワークなど座って作業することが多い場合、机と目の距離は30cmくらいが適当です。しかし、多くの人は机が低すぎることで背中を丸めたり、首を下に向けている姿勢になりがちです

このような姿勢をとり続けることで背骨に負担がかかり、歪んでしまいます

カバンを持つ手がいつも同じ

カバンをいつも同じ手で持つ、あるいは同じ側の肩にかけていると、体のバランスをとるために反対側の腰や肩が上がりがちになり、背骨が歪みやすくなります

歩くときの体のバランスも崩れて、骨盤にも影響を与えるでしょう。

いつも片足に重心をかけて立つ

立っているときにいつも同じ片方の足ばかりを支えにしていると、全身のバランスが崩れ背骨にも歪みが生じやすくなります

足の長さが変わる、骨盤が歪むなどの弊害もあるでしょう。

背骨が歪むデメリット

背骨が歪むことで、体にさまざまな不調が出てきます。具体的にどのようなデメリットがあるのか、見ていきましょう。

姿勢が悪く見える

姿勢が悪いことが背骨を歪ませる原因ですが、背骨が歪むことで常に姿勢が悪い状態になってしまいます

猫背などはその典型で、スタイルが悪く見えるだけでなく、不健康そうな印象も与えます。

自分で気がつかなくても、「姿勢が悪い」と人に指摘されることもあるでしょう。写真を撮るといつも首や体が傾いていたりするので、それを見て気づくこともあります。

神経痛や頭痛になる

背骨には脊髄神経が通っていて、脳や体の各所をつないでいます。背骨が歪むとその神経が圧迫され、神経痛や頭痛などの痛みが生じることになります

原因のわからない神経痛や頭痛に悩んでいる人は、背骨の歪みが関係しているかもしれません。歪みを治すことで、痛みがなくなる可能性が高いでしょう。

肩こりや慢性的な腰痛になりやすい

背骨が歪むと筋肉に負担がかかり、肩こりや腰痛になりやすくなります

また、背骨の歪みにより神経が圧迫されることでも、肩こりや腰痛が起こります。慢性的な腰痛に悩む人は背骨の歪みを疑った方がいいでしょう。

背骨の歪みが原因の肩こりや腰痛は、マッサージなどのその場しのぎの治療をしても根本的な解決にはなりません。背骨の歪みを治す取り組みが必要になります。

このあとは、背骨の歪みを治す方法について紹介しましょう。

背骨の歪みを治す方法①:整体に通う

背骨の歪みを治すには、整体がおすすめです。

整体とは、骨のズレなどを矯正して、体を支える骨盤や背骨を整えることで筋肉のコリや疲労をほぐし、体全体のバランスを整える施術です。

施術は主に、体に直接触れて行う「手技療法」で背骨の歪みを矯正していきます。

整体が目的にしているのは、背骨の歪みを取ることで体が本来持っている自然治癒力を高めることです

人間にはもともと、悪い部分を元の良い状態に戻そうとする自然治癒力が備わっています。しかし、背骨が歪むことによって、この自然治癒力が十分に発揮されなくなるのです。

整体によって骨の歪みを取ることで筋肉が正しい位置に戻り、正しく機能することができます。脊髄を通る神経も正常に働くようになり、さまざまな痛みが治まって健康を取り戻すことができるでしょう。

整体は整体院に行って施術してもらう必要があり、保険は適用されません。また、1回の施術で背骨の歪みがすっかり元に戻るというわけではなく、通常は数回の通院が必要になります

通院が大変だという人は、自宅でストレッチを行い、背骨の歪みを治すという方法もあります。

背骨の歪みを治す方法②:ストレッチ

毎日、簡単なストレッチを行うことで、背骨の歪みを治すことが可能です。悪い姿勢の習慣を治すとともに、ストレッチを日々の習慣にしてみましょう。

ここでは器具などを使わず、自宅で簡単にできるストレッチを3種類紹介します。

立って行うストレッチ①

立った姿勢で体重移動するだけの、簡単なストレッチです。

左右10回ずつ行いますが、左右どちらか動きにくい方があったら、背骨が歪んでいる可能性が高いでしょう。そちらだけ2セット多く行うようにしてください。

  • STEP1
    足を肩幅に開き、腰を両手で挟むように持つ
  • STEP2
    左足に体重を乗せながら、右の骨盤を脇腹にゆっくりと近づけていく
    おへそから上は床と垂直に保つこと
  • STEP3
    左右10回ずつ行う

立って行うストレッチ②

同じく立って行うストレッチです。最初の姿勢も同じになります。①の後に続けて行いましょう。

骨盤を前と後ろに突き出すことを10セット行いますが、動きにくく感じた部分があれば、そちらだけ2セット多く行うようにしてください。

  • STEP1
    足を肩幅に開き、腰を両手で挟むように持つ
  • STEP2
    骨盤を前後にゆっくり突き出す
    前に突き出すときはお尻を突き出すように、後ろに突き出すときはお腹を突き出すようなイメージをする
  • STEP3
    前後で10セット繰り返す

椅子に座って行うストレッチ

椅子を使ったストレッチです。デスクワークで疲れたときや休憩時間に行うのもいいでしょう。

左右5セットほど行いますが、どちらか動きにくいと感じた方があれば、そちらだけ2セット多く行うようにしてください。

  • STEP1
    椅子に深く腰掛け、足を左右に大きく開く
  • STEP2
    両手を頭の後ろで組む
  • STEP3
    脇腹を縮めるように上体を左右に倒す
  • STEP4
    倒したときに10秒間キープする
    お尻を椅子から離さないようにすること

背骨の歪みを治す方法③:正しい姿勢を意識する

背骨が歪むのは、日常的に悪い姿勢を続けていることが原因です。整体で矯正したりストレッチしたりしていても、日頃の姿勢が悪いとあまり効果が出ません。

「背骨が歪む原因」の項目でもお伝えした日常的な癖に気をつけ、正しい姿勢を保つようにしましょう。

正しい姿勢は、次の図を参考にしてください。

鏡の前に横向きで立ち、自分の姿勢をチェックしてみましょう。次のような状態だと、猫背になっています。

  • 背中が丸まっている
  • お腹に力が入っていない
  • 肩が前に入っている
  • 体が前に傾いている
  • 首だけ下を向けたとき、甲の前方やつま先しか見えない

正しい姿勢は、まっすぐに立っときに手が太ももの横にまっすぐになります。このとき猫背になっていると、手が太ももの前に出てしまいます。

正しい姿勢のためには、肩甲骨を意識することも大切です。胸を張って肩甲骨を背骨に寄せるようにしてみましょう。この姿勢をいつも保つことで、背骨の歪みを防止することができます。  

おすすめの姿勢改善グッズ

正しい姿勢を自分で意識し続けるのが難しい人は、姿勢矯正グッズを利用するといいでしょう。

おすすめのグッズを2点、紹介します。

クリスチャンココ

楽天ランキングで3部門1位獲得のクリスチャンココは、ただ押さえつけるのではなく、最適な加圧で骨盤をケアしてくれます。骨盤から全身のバランスを整え理想のスタイルへとあなたを導きます。本気で骨盤ケアをしたい方に最もおすすめのグッズです。

グラマラスパッツ

グラマラスパッツはお腹から下半身全体をサポートする加圧レギンスで、骨盤矯正をフルサポートしてくれる、頼れるインナーです。日々の生活でいつでも骨盤ケアをしたい方におすすめできます。

背骨 歪む まとめ

背骨の歪みは、日常の動作や姿勢が大きな原因になります。

日常的に行う動作で体の左右どちらかに偏っている癖があったら、早めに治すよう心がけましょう

体の不調が続き、本格的に治したい場合は整体に行くという方法もあります。

まずは日常生活の中で治したいという人は、記事で紹介したストレッチを試してみましょう。

正しい姿勢をしているかをいつもチェックすることが、背骨の歪み防止につながります。背骨を整えて、健康な毎日を送りましょう!