姿勢矯正

姿勢を正すと痩せやすい体になる?姿勢を正して健康的な体になろう! 姿勢を正す方法3選!

最近、姿勢が悪くなってきた」「知らないうちに猫背になっている」と悩んでいませんか?

スマホやパソコンの影響で姿勢が悪くなっている人が多くなっていますが、姿勢が悪いと肩こりをはじめ、体調不調などが起こりやすくなります

そこでこの記事では、姿勢を正すことで得られるメリットや正しい姿勢の方法、体の歪みを治すストレッチについて紹介しましょう!

姿勢が悪いとたくさんのデメリットがある

姿勢が悪くなると背骨や骨盤に歪みが起こり、さまざまな不調が起こります。

ここでは、特に起こりやすいデメリットについて見ていきましょう。

肩こりや腰痛になりやすい

猫背などで姿勢が悪くなると、骨格の歪みやズレが起こりやすくなります。そのため周りの筋肉がバランスを崩し、肩こりや腰痛が起こりやすくなります

前かがみの猫背になると、肩甲骨が前に出て周囲の筋肉が緊張し、コリになってしまいます。

また、姿勢が悪くなると骨盤にも歪みが生じ、腰椎(背骨の腰の部分)の周辺の筋肉に緊張が加わって腰痛になりやすくなります。

背骨は歪むと脊髄に通る神経が圧迫されるので、それが原因で肩こりや腰痛が起こることもあります。

体がむくみやすい

姿勢が悪いと背骨の歪みを招き、血管やリンパ管が圧迫されます。血液やリンパの流れを妨げることで、むくみやすくなるでしょう

むくみは、血流が悪くなることで余分な水分や老廃物がうまく体外に排出されず、皮膚の下に溜まってしまう状態です。

朝起きると顔がむくんでいる、夕方になると足がパンパンになるという人は、姿勢が悪くなっていないかチェックしてみましょう。

お腹がぽっこりと出る

姿勢が悪いと、腰が反り返る「反り腰」や背中が丸くなる「猫背」になりやすくなります。これらの姿勢は腹筋がうまく使えなくなるので、お腹に脂肪が溜まりやすくなります

その結果、お腹がぽっこりと出てしまうのです。

また、腹筋が衰えると腸の機能も低下してしまいます。便秘になりやすくなり、それがぽっこりお腹の原因になることもあるでしょう。

姿勢が悪いと骨盤が歪むこともあります。骨盤が開いてしまうことで内臓が本来の位置に留まることができず、垂れ下がってしまうことでぽっこりお腹になることもあります

姿勢を正すとメリットがたくさん

姿勢が悪いとたくさんのデメリットがありますが、正しい姿勢に戻すことでそれらを解消することができます。

それだけでなく、次のような嬉しいメリットをたくさん得ることができるでしょう。

痩せやすい体になる

姿勢を正すと骨格が正常になり、筋肉がバランスよく使われるようになります。筋力が高まることで、基礎代謝も向上します

基礎代謝とは、体温維持や呼吸、心臓を動かすなど、生命の維持のために最低限必要なエネルギーのことです。

基礎代謝は体全体の消費エネルギーの約60%を占めるため、基礎代謝が衰えると食事で摂ったエネルギーをうまく消費できず、太りやすい体質になってしまいます

筋肉は体内で基礎代謝の多くを担っています。そのため、姿勢を正して筋力が高まることで基礎代謝も高まります。エネルギーが効率よく消費されて、痩せやすい体になるでしょう

肩こりや腰痛が改善する

姿勢を正すことで、背骨や骨盤の歪みが矯正されます。

骨格が正常になることで周囲の筋肉がバランス良く使えるようになり、血液やリンパの流れも良くなります

そのため、歪みが原因で引き起こされていた肩こりや腰痛が改善されていくでしょう

コリや痛みのない、健康な体を取り戻すことができます。

ストレッチでこれまでの体の歪みを改善!

健康維持のためには、日常的に正しい姿勢を意識することが大切です。

しかし、これまで悪い姿勢を続けていたことで体に歪みがある場合は、まずそちらを解消しなければなりません。

体の歪みを矯正するには、ストレッチが効果的です。簡単にできるメニューを3つ紹介しましょう。

バスタオルを使ったストレッチ

バスタオルを巻いて枕を作り、腰に当てるだけのストレッチです。とても簡単ですが、背骨や骨盤の歪みをとるのに効果的で、ウエストを細くする効果も期待できます。

用意するのは2枚のバスタオルで、クルクルと硬めに巻き、紐で結んで固定させます。

朝起きたときや夜寝る前に、ベッドの上で行う習慣にするといいでしょう。

  • STEP1
    バスタオルで作った枕をおへその真裏にくるように置いて、仰向けに寝る
  • STEP2
    足は左右の親指をつけて、8の字を作る
  • STEP3
    両手を頭の上に伸ばし、小指同士をつける
  • STEP4
    ゆっくり呼吸しながら、5分間キープする

腰を回す骨盤矯正ストレッチ

腰を回すだけの簡単なストレッチです。簡単ですが、毎日行うことで骨盤の歪み矯正に効果が期待できます。

好きな音楽を聴きながら、テレビを見ながらでもできます。ゆっくりした呼吸で、リラックスしながら行いましょう

  • STEP1
    足を肩幅に開いて立ち、手は腰にあてる
  • STEP2
    円を描くようにゆっくりと、腰を左右10回ずつ回す
  • STEP3
    3セット繰り返す

肩甲骨ほぐしストレッチ

肩甲骨周りの筋肉をほぐすストレッチです

スマホやパソコンを長時間使っていることで猫背になると、肩甲骨が前に出る「巻き肩」になり、周りの筋肉が緊張状態になります。

このストレッチは緊張した筋肉をほぐすとともに、肩甲骨を正しい位置に整えて巻き肩を改善します

  • STEP1
    四つん這いになる
  • STEP2
    両手を少し前につき、指先が内側に向くようにしてから手と手の間に額をつける
    両肘はしっかり外側に張り、肩甲骨が動くのを感じること
  • STEP3
    ゆっくり元に戻り、5回ほど繰り返す

正しい姿勢

ストレッチで体の歪みを治しながら、日常生活では正しい姿勢を意識しましょう。

まずは正しい立ち方を覚え、それを基本に正しい歩き方、座り方も覚えてください。

立ち方

正しい立ち方は、まっすぐに立ったときに耳・肩先・骨盤・足のくるぶしが一直線になっている状態です

鏡に向かって横向きに立ち、チェックしてみてください。この4点の位置がまっすぐでない、あるいはまっすぐにすると疲れや違和感を感じる場合は体が歪んでいる可能性があります。

正しい姿勢を意識するようにして、その状態に慣れるようにしましょう。

歩き方

歩くときも、正しい立ち方が基本になります。背筋を伸ばしてまっすぐの姿勢で歩くことを意識してください

上半身を引き上げるようにして、目線を少し上に向けます。あごを引くと姿勢を正しやすくなります。

歩幅は肩幅くらいを目安に、股関節から踏み出すようにしましょう

座り方

座るときはあごを引いて、少し胸を張りながら背筋を伸ばします。深く腰掛けず、座席の真ん中あたりに骨盤を立てる意識で座りましょう。

頭頂部から腰までが一直線になるイメージで座ります

足を組むのはNGです。足を組むと背骨や骨盤が歪む原因になります。足は揃え、足裏をしっかり床につけて座るようにしましょう。

姿勢を正すおすすめの矯正グッズ

体の歪みを改善するには、ストレッチとともに矯正グッズを使うのもおすすめです。

いつも正しい姿勢を保つことが難しい人は、姿勢矯正ベルトを使ってみましょう。背筋がピンと伸びて、正しい姿勢の感覚をつかむことができます。

デスクワークで長く椅子に座っている人、家で座っているときにどうしても姿勢が悪くなってしまう人は、姿勢矯正椅子を使うといいでしょう。

姿勢矯正ベルト

amazon

着けているだけで姿勢を良くする姿勢矯正ベルトです

猫背で前かがみになりがちな肩・背中を後ろに引っ張ることで、正しい姿勢にサポートします。猫背を抑え、悪い姿勢からくる体の不調を改善することができます。

慣れないうちはかなり締め付けが強く感じられるので、15〜20分ぐらい着用したら外し、少し休憩をとるようにしましょう

体が慣れてきたら、少しずつ着用時間を延ばすようにしてください。 

姿勢矯正椅子

体を整える技術「カイロプラクティック」のノウハウをヒントに作られた姿勢矯正椅子です

腰のサポート部分はカイロプラクターの手の動きを再現し、人体を型どった曲線が体にフィットします。座るだけで正しい姿勢を保つことができるでしょう

オフィスで椅子の上に置いたり、家庭でソファの上に置く、あるいは床に置いて座椅子として使うこともできます。

クリスチャンココ

楽天ランキングで3部門1位獲得のクリスチャンココは、ただ押さえつけるのではなく、最適な加圧で骨盤をケアしてくれます。骨盤から全身のバランスを整え理想のスタイルへとあなたを導きます。

本気で骨盤ケアをしたい方に最もおすすめのグッズです。

グラマラスパッツ

グラマラスパッツはお腹から下半身全体をサポートする加圧レギンスで、骨盤矯正をフルサポートしてくれる、頼れるインナーです。

日々の生活でいつでも骨盤ケアをしたい方におすすめできます。

姿勢 正す まとめ

姿勢が悪いと見た目が悪く、体調も崩してしまうなどいいことがありません。「最近太りやすくなった」「肩こりがひどい」という人は、自分の姿勢を鏡でチェックしてみてください。

体が歪んでいると思ったら、さっそくストレッチを試してみましょう。グッズの利用もおすすめです。

姿勢を正して、健康な体を手に入れましょう!