骨盤矯正

骨盤の歪みを効果的に矯正するストレッチ3選!骨盤を矯正して健康的な生活を手に入れよう!

骨盤が歪んでいるせいか腰痛がひどい……お腹もポッコリしているかも。これってどうにかならないの?

そんな風に思っていませんか?

慢性的な腰痛や肩こりはとてもツラいですし、ポッコリお腹だと自分に自信が持てなくなってしまいますよね。

この記事では骨盤の歪みを効果的に矯正することができる3つのストレッチについて詳しく解説します!

また、骨盤矯正におすすめのグッズを紹介しています!

骨盤を正しい位置に戻して、痛みのない理想的なスタイルを手に入れましょう

骨盤が歪む原因とは

Woman rubbing foot

骨盤が歪んでいるけど、どうして歪んでしまったのかがわからないという人も多いかと思います。

原因がわからなければ治しようがないですよね!
ここでは骨盤が歪んでしまう2つの原因について紹介しますので、自分に当てはまっていないかをチェックしてみましょう。

足を組む癖

椅子に座るとき、無意識に足を組んでしまうという人も多いでしょう。

脚を組むと組んだ方の足の骨盤が後ろに傾きます。組んだ状態が長く続くことで骨盤がこの状態を記憶し、歪みが生じます

寝るときの姿勢

眠るときの姿勢は人それぞれですが、横向きに寝ることが多い人は骨盤が歪む恐れが高いと言えます。

横向きに寝ると左右の足の状態に差が生まれ、それに伴って骨盤の位置もずれてしまいます。こちらも長くその状態が続くことで間違った位置を骨盤が覚え、歪みが生じます

いずれも日常的にしてしまいがちな原因ですが、早めに改善しておかないと歪みによるデメリットが出てきます。

では歪みによって出てくるデメリットにはどんなものがあるのか、次で紹介しましょう。

骨盤が歪んでいるデメリット

骨盤が歪むと体の至るところに嫌な症状が出てきます。

ここで3つのデメリットをお教えしますので、骨盤が歪むことでどんなことが起こるのかを見ておきましょう。

肩こりや膝痛、腰痛になりやすい

骨盤が前、または後ろに傾くと背中や腰も丸くなってしまいがちです。

背中が丸まった状態だと腰痛が起きやすく、その状態が長く続くことで肩こりの症状も現れます

また骨盤の歪みから悪い姿勢に繋がると膝への負担もとても大きくなりますので、膝の痛みも感じるようになるでしょう。

体がむくみやすい

骨盤の前には脚に繋がる太いリンパ腺などがあります。骨盤が歪むことでリンパの流れが悪くなり、体内の余分な水分を排出しにくい体になってしまいます。

その結果むくみやすい体質になり、体の冷えも感じやすくなります。

お腹がぽっこり出やすくなる

骨盤が歪むと骨盤は常に開いた状態になり、内臓が下へとさがっていきます。下にさがった内臓によってお腹がぽっこり出やすくなってしまいます。

骨盤の歪みによるデメリットは体の健康だけでなく、スタイルにも影響しますので早めに改善しておきたいですね。

では骨盤を正しい位置に戻すとどんなメリットが得られるのか、次で紹介します。

骨盤を矯正するメリット

歪んでしまった骨盤を正しい位置に戻せば、デメリットがなくなるだけでなく、メリットを得ることができます。

ここでは骨盤矯正のメリットについて紹介します。メリットを知れば、今よりもっと骨盤矯正への意欲が増しますよ。

痩せやすい体になる

骨盤を正しい位置に戻すことで代謝が上がり、痩せやすい体質になることができます。

骨盤が歪んでいると体の筋肉を正しく使うことができないため、どれだけ運動をしても中々痩せることができません。

骨盤矯正を行えば体の筋肉を正しく使うことができるため、筋力アップと効果的なダイエットを行えます

肩こりや膝痛の症状が改善される

骨盤矯正を行うことで悪い姿勢も改善されますので、腰痛や肩こりと言った症状に悩まされにくくなります

腰痛や肩こりは背中が丸くなることで腰・肩に負担がかかり、痛みを伴うようになります。姿勢を正しくすれば部分的な負担を減らすことができるため、悩みも改善されていくでしょう。

骨盤矯正によるメリットは部位の痛みだけでなく、理想的なスタイルを目指すダイエットにも関係します。痩せにくいというお悩みを持っているなら、すぐにでも矯正しておきたいですね。

骨盤を効果的に矯正するストレッチ方法がありますので、次の項目で詳しく解説します。

骨盤を効果的に矯正するストレッチ

骨盤矯正ができる簡単ストレッチがありますのでここで3つの方法をお教えします。

すぐに始められるストレッチ方法ばかりなので、できるものから早速始めてみましょう。

うつ伏せストレッチ

【骨盤調整エクサ】骨盤を開閉して整える「うつ伏せでひざを左右に」

うつ伏せストレッチを行うことで骨盤を開け閉めすることができます

毎日繰り返し行うことで骨盤が開け閉めをすることを記憶するため、常に開きっぱなしのポッコリお腹の改善が目指せます

うつ伏せストレッチの手順を紹介しましょう。

  • STEP1
    うつぶせに寝転がる
  • STEP2
    両手を顔の前に合わせ、手の上に額か顎を乗せる
  • STEP3
    両方の足裏を合わせる
  • STEP4
    膝の位置を固定したまま、両足を左右に動かす

1往復で左右に足を倒し、これを10往復行いましょう

足裏を合わせる時は合わせた部分が体の中心に来るようにします。左右に倒すときは膝の位置がずれないよう注意しましょう。

ストレッチポールを使ったストレッチ

筒状のストレッチポールを使ったストレッチで骨盤の正しい位置を記憶させることができます。

このストレッチを行うことで骨盤と関節が正しい位置に戻り、体幹を安定させることができます。腰痛や肩こりなどのお悩み改善につながるでしょう。

ストレッチポールを使ったストレッチの手順を紹介します。

骨盤のゆがみ改善のためにぜひ試してほしい簡単ストレッチ
  • STEP1
    床に置いたストレッチポールの端に座り、両手を床につける
  • STEP2
    手で体を支えながら、背中がポールに沿うように仰向けに寝る
  • STEP3
    足を肩幅くらいに開き、膝を90度曲げる。両手は肘を床につけ、手のひらを上に向ける
  • STEP4
    5~15分ほどそのまま
  • STEP5
    左右どちらかにお尻をおろし、滑るようにして上半身をポールからおろす

ポールに寝転がる時間は大体5~15分が目安です。長時間寝すぎると筋肉などが緩み過ぎるため、あまり長く乗らないようにしておきましょう。

ポールの上で寝転がるときは、自分自身がリラックスできる体勢を探すことも大切です。力を入れず、ゆったりと時間を過ごせる体勢を見つけましょう。

腰回しストレッチ

腰回しストレッチで骨盤の歪みを正すことができます。

このストレッチを行うことで骨盤が正しい位置へと戻り、腰痛や肩こり、むくみやポッコリお腹などの嫌な症状の改善が目指せます

腰回しストレッチの手順を紹介しましょう。

骨盤調整「腰回し運動」 by 整体屋.com
  • STEP1
    立った状態で両足を骨盤の幅に開く
  • STEP2
    膝の力を緩め、左右に腰を回す

左右30回行いましょう

左右に腰を回すときは骨盤が動いていることを意識しながら行います。大きな円を描くように腰を回しましょう。

毎日のストレッチで骨盤矯正が目指せますが、普段の姿勢が悪ければストレッチの効果を存分に実感することができません。

意識しておきたい正しい姿勢について次で紹介しますので、普段の姿勢についても見直してみましょう。

普段から正しい姿勢を意識しよう

骨盤矯正ストレッチをするなら、普段の姿勢も正すことを意識しましょう。姿勢を良く保つことでストレッチ効果も徐々に現れてきますよ。

歩き方・立ち方・座り方についてお教えしますので、普段の自分と見比べてみましょう。違う点があれば早速改善してみてくださいね。

悪い歩き方

歩くときに膝を曲げてしまう人も多いかと思います。膝を曲げると足の筋肉が正しく使われませんので、膝を曲げずに歩くようにしましょう。

また歩行中に胸より肋骨が前に出ている場合も要注意。骨盤が前傾している人に多く見られる歩き方で、体のバランスが崩れ、さらに骨盤が歪む恐れがあります。

正しい歩き方

歩くときは膝を曲げないように、膝から下の足を前に出します。かかとから着地し、足裏全体がしっかりと地面に付くようにしましょう。片方の足も同じように膝を曲げずに前に出し、かかとから着地します。

上半身は上から紐で吊り下げられているイメージで、スッとまっすぐに伸ばします。上半身が丸くなる、または反ることで膝も曲がりやすくなるため、全身の体勢を意識して歩きましょう。

悪い立ち方

普通に立っているときにあごが前に出る・背中が丸まっている・下腹が前に出る状態は悪い姿勢であると言えます。

いずれか1つでも当てはまれば、肩・腰・膝に大きく負担をかけている可能性があるため、早めに改善しておくことが大切です。

正しい立ち方

立つときの姿勢は骨盤が前傾(猫背・巻き肩)なのか、後傾(反り腰)なのかによって改善方法が異なります。

前傾の場合は頭ごと首を後ろに引くことで胸が開き、腹筋が引き締まります。後傾の場合は立った状態で脚のつま先を少し外側に向けましょう

骨盤の傾きによって最適な方を実践すれば姿勢はまっすぐに伸びます。その状態で膝の力を少し緩めれば、体の筋肉が正しく使われ、骨盤も正常な状態へと戻るでしょう。

悪い座り方

座っている時に足を組んだり、椅子に浅く座って背もたれに背中を預ける座り方をしていると骨盤が歪む恐れがあります。また机に肘をついた状態で座ると、左右どちらかに重心が傾くため、それに伴って骨盤も傾いてしまいます

椅子に座った状態で脚を浮かせる座り方も良くありません。足を浮かせることで骨盤を立てることが難しくなりますので、骨盤の歪みへと繋がってしまいます。

正しい座り方

座るときは椅子の真ん中部分にお尻を付け、骨盤を立てることを意識します。

背もたれに持たれずに骨盤を立てることで坐骨が椅子に付き、背筋がまっすぐに伸びます。この体勢をキープすることで良い姿勢を保てますので、骨盤が歪みにくくなります

歩き方・立ち方・座り方は改善しようと思っても、初めのうちは中々うまくいきません。思い通りに行かないときは矯正グッズを活用することもおすすめです。

次の項目で骨盤矯正に役立つ便利アイテムをお教えしますので、ぜひ使ってみてくださいね。

骨盤矯正におすすめのグッズ

効率の良い骨盤矯正を行いたいなら、ストレッチと一緒にグッズを活用することがおすすめです。

3つのおすすめグッズを紹介しますので、使いやすそうなものを日常生活に取り入れてみましょう。

クリスチャンココ

楽天ランキングで3部門1位獲得のクリスチャンココは、ただ押さえつけるのではなく、最適な加圧で骨盤をケアしてくれます。骨盤から全身のバランスを整え理想のスタイルへとあなたを導きます。本気で骨盤ケアをしたい方に最もおすすめのグッズです。

グラマラスパッツ

グラマラスパッツはお腹から下半身全体をサポートする加圧レギンスで、骨盤矯正をフルサポートしてくれる、頼れるインナーです。日々の生活でいつでも骨盤ケアをしたい方におすすめできます。

姿勢矯正ベルト

骨盤矯正ベルトは開きっぱなしの骨盤を強制的に締める効果が期待できるグッズです。

骨盤を閉めることで内臓が下にさがりにくくなるため、内臓の下降によるポッコリお腹を予防することができます。

眠るとき以外はずっとつけておけば骨盤が締めた状態を記憶するため、常に開きっぱなしになることもありません。

姿勢矯正椅子

姿勢矯正椅子は歪んでしまった骨盤を正しい位置に戻す効果が期待できるグッズです。

椅子に座ることで骨盤が正しい位置になり、長く座り続けることで骨盤がその位置を記憶します。正しい位置を記憶すれば歪みがなくなるため、腰痛やポッコリお腹の改善が目指せるでしょう。

デスクワークなど、長時間座ることが多い人におすすめのグッズです。

ストレッチポール

ストレッチポールは骨盤の歪みの解消と姿勢をよくする効果が期待できるグッズです。

ストレッチポールを使ったストレッチを行うことで骨盤に正しい位置を記憶させることができます。またポールの上にまっすぐに寝転がることで猫背や反り腰の改善も目指せます。

骨盤の歪みだけでなく姿勢の悪さも直したい人におすすめです。

まとめ

骨盤矯正のストレッチや便利グッズについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

ストレッチは自宅で簡単にできますし、時間もあまりかからないのですぐにでも実践できます。用意するものなしで始められる方法もありますので、隙間時間に手軽に行えますよ。

いずれも簡単な方法ではありますが、骨盤を正しい位置に戻す効果をしっかりと実感できる方法です。便利グッズを活用すればより高い効果が期待できます。

肩と腰の痛み、見栄えが気になるポッコリお腹を解消して歪みのない美しい体型を手に入れましょう!