肩の矯正

巻き肩の簡単な治し方を紹介!家でできる手軽な方法で理想の美しい姿勢を手に入れよう!

「巻き肩の治し方を知りたい、、、」

そんな悩みを抱えていませんか?

巻き肩の状態だと上半身の姿勢が悪くなり、肩こりなどの痛みや、見た目の印象の悪化に繋がります。

姿勢が悪いせいで老けて見られてしまうのは嫌ですよね!

本記事では、家で今すぐ実践できる巻き肩の治し方を紹介いたします。

巻き肩の原因や巻き肩の予防法も紹介していますので、この記事を読んで誰もが羨むような美姿勢を手に入れちゃってください!

巻き肩の原因は硬くなった筋肉にある!

巻き肩とは、普段の状態よりも肩甲骨が左右に開き、背中が横に丸まっている状態のことを言います。

そんな巻き肩を引き起こす原因は、硬くなった胸や肩の筋肉なのです。

収縮した筋肉に引っ張られて肩甲骨が左右に開いてしまうのです。

巻き肩を治すには、まずは硬くなった筋肉をほぐして肩を正しい位置に戻してから、筋トレでその状態を維持するのが良いです。

巻き肩の簡単な治し方① マッサージ

動画の2分17秒あたりからマッサージの解説があります。
  • STEP1
    鎖骨の下あたりを指の腹でほぐす
  • STEP2
    肩甲骨の下にある小胸筋を指の腹でほぐす
  • STEP3
    脇の後ろ側の下にある大円筋をほぐす

まずは硬くなった筋肉をほぐすマッサージです。

巻き肩に影響を及ぼしている筋肉を3ヶ所ほぐし、肩を正しい位置に戻しましょう。やってみると意外と凝っていることが分かると思います。

特に鎖骨下の部分は巻き肩に最も影響を及ぼしているので、重点的にやるようにしてくださいね。

巻き肩の簡単な治し方② ストレッチ

次に紹介するのは収縮した筋肉を伸ばすストレッチです。

巻き肩を治すのに効果的な胸・前側の肩の筋肉を伸ばすストレッチを2通りご紹介します。

  • STEP1
    両手を身体の後ろで組む
  • STEP2
    組んだ手を後ろに伸ばす

今すぐできる方法なので、まずはこちらをお試しください。

これはどのストレッチにも言えることですが、しっかりと伸ばす筋肉を意識して行うようにするとより効果が出やすいです。

  • STEP1
    壁に対して横向きに立つ
  • STEP2
    壁に近い方の手のひらを壁につける
  • STEP3
    逆側も同様にして行う

重度の巻き肩で、後ろで手を組むのも厳しい人にはこちらの方法がオススメです。

この他にも、胸や肩の前側を伸ばすストレッチならば効果があります。

巻き肩の簡単な治し方③ 筋トレ

最後は、正しい肩の位置を保つために行う筋トレです。

背中の筋肉を鍛える筋トレを行います。

  • STEP1
    四つん這いになり、お腹をのぞき込む
  • STEP2
    ゆっくり顔を上げながら背筋を伸ばす
  • STEP3
    これを10回行う

肩甲骨を引き寄せるように意識して行うとより効果的です。

さらに、四つん這いのまま片手を後頭部に乗せて身体を捻るのもやってみましょう。天井を見るように身体ごと捻るのがポイントです。

再び巻き肩にならないためには

上記の方法を実践することで、少しずつですが効果がでてくると思います。

しかし、せっかく巻き肩を矯正しても、また巻き肩を促進するようなことをしては意味がありませんね。

ここでは巻き肩にならないように注意するべき習慣を紹介します。

横向きで寝ないようにしよう

横向きで寝ると、楽な姿勢を取るために肩を前に出してしまいます。

この状態では巻き肩を悪化させる一方です。

しかし、重度の巻き肩の人などは、仰向けで寝ると不快感があってなかなか寝れないという場合も多いです。

その場合は横向き寝専用の枕を使用することをオススメします。

巻き肩が治るまでは横向き寝の枕を使用し、治ってからは仰向けに寝るようにすることで、無理なく効果的に良い姿勢を維持することができます。

バッグを片側の肩ばかりにかけないようにしよう

バッグを片側だけにかけていると、落とさないようにと肩を内側に捻ってしまいます。

巻き肩を防ぐという観点からすると、両肩にかけられるリュックサックが一番良いです。

どうしてもバッグが良い場合は、両肩に交互にかけるようにし、片方の肩だけに負担をかけないようにしましょう。

長時間のデスクワークに注意しよう

長時間のパソコンの使用は、巻き肩を促進させてしまいます。

肩甲骨を下げるようにして、肩がすくまないように意識しましょう

また、適度に休憩をはさんで肩回しなどのストレッチを行うことで、巻き肩になるのを防ぐことができます。

巻き肩の簡単な治し方 まとめ

本記事では巻き肩を手軽に治せる方法を紹介しました!

  • 硬い筋肉をほぐすマッサージ
  • 胸の筋肉を伸ばすストレッチ
  • 背中の筋肉をつける筋トレ

しっかりと続けていればおよそ3ヶ月程度で効果がでると思います。

予防法も合わせて意識して、理想の美姿勢を手に入れてくださいね!